MENU

踊る大捜査線2025室井慎次の階級は?大学は?最終役職と経歴を調査!

2024年3月18日、踊る大捜査線シリーズの再始動が発表されました。

1997年の連続ドラマ開始以来社会現象を巻き起こしてきた踊る大捜査線シリーズですが

次の作品の主人公が室井慎次であることも発表されファンからは待ってましたという声が♪

今回は踊る大捜査線2025室井慎次の階級は?大学は?最終役職と経歴を調査!と題してリサーチした結果をご紹介します。

目次

踊る大捜査線2025室井慎次の階級は?

踊る大捜査線室井慎次さんの階級は警視監です。

日本の警察には9つの階級があり上から順に

・警視総監

・警視監

・警視長

・警視正

・警視

・警部

・警部補

・巡査部長

・巡査

となります。

なので室井さんは上から2番目にえらい方だということが分かりました。

『踊る大捜査線 THE FINAL新たなる希望』では室井さんが劇中のみ存在する架空の役職・警察庁長官官房審議官についており、警視監の階級にいるということです。

ちなみに室井さんのライバル的存在である新庄健太郎もこの警視官という階級に属しています。

踊る大捜査線2025室井慎次の大学は?

室井さんの出身大学は東北大学です。

東北大学卒業者が圧倒的に多いとされている警察庁キャリアの世界で少数派となる東北大学を卒業したという室井さん。

少数派の東北大学卒ということで色眼鏡で見られていた上に、室井さんがある信念を持ってしまったがゆえに警察署警視庁内では室井さんの失脚を望む幹部も少なくないと言います。

その信念というのが

所轄の刑事が活動しやすい組織作りと警察の改革

この信念はいつしか青島さんとの約束となり、警視庁警察庁の中で日々奮闘している人物です。

踊る大捜査線2025室井慎次の最終役職は?

室井さんの最終役職は警察庁長官官房審議官です。

この役職は踊る大捜査線の劇中のみ存在する役職で、実際には存在しませんが警視官という階級に属しているということです。

上を目指すと言っていた室井さんが実は一番偉い経営思想感のすぐ下の階級にまで

上り詰めていたなんてびっくりですよね!

室井さんの意志の強さを感じ取れます!!

まとめ

踊る大捜査線2025室井慎次の階級は?大学は?最終役職と経歴を調査!についてご紹介しました。

室井さんの階級は警視監という上から2番目に偉い役職でした。

少数派の東北大学卒ということで色眼鏡で見られていた室井さんですが

自身の信念を貫き、そこまで上り詰めたなんて素晴らしい!

次回作が楽しみですね♪

まだ室井さんが主人公ということしか明かされていないので今後の情報から目が離せません!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次