MENU

ゆたぼんの高校不合格!どこ受験した?進路は?浪人になる可能性を調査!

不登校の「少年革命家」として活動しているユーチューバーのゆたぼんは先月3月14日に高校受験の不合格が決まったことをYouTube内で報告し話題となりました。

ゆたぼんは小学3年生のときに不登校になって以降、学校には通わずにユーチューバーとして活動してきました。

様々な活動を行っていくなかでも、2022年6月30日より全国の不登校の児童を支援するという名目で軽トラックに乗り日本一周するという企画は色々な意見もあり少し話題となりましたね。

そんなゆたぼんですが高校受験が不合格になり今後の活動や進路についてどうするのか気になりますよね。

ここではゆたぼんの高校受験の内容や進路について、さらには浪人になる可能性についてを詳しく調査していきます。

気になる方はぜひ最後までご覧ください。

目次

ゆたぼんの高校不合格!どこ受験した?進学校も受けた?

ゆたぼんは沖縄に住んでおり、沖縄の公立高校を受験していたことがわかりました。

「青年革命家」を名乗るユーチューバーのゆたぼんは3月14日に高校受験の結果が不合格であったことを報告しています。

さらには今月4日に自身のYouTubeチャンネルで今後の進路について報告したことが話題となっています。

ゆたぼんがどこの学校を受験したのかは明言されていません。

ですが、友人と一緒に同じ高校を受けたとYouTube内で報告しており、その友人よりも点数は上だったものの自分は不合格になってしまったことにショックを受けている様子もみられました。

動画内でも、「沖縄の公立高校は内申点を重視する」などの発言もみられたため公立で間違いはなさそうです。

もともと高校受験を受ける前から高卒認定試験を受けようとしていたことも明かしており、今後は高卒認定試験を目標にしていくようです。

ゆたぼんの高校不合格!今後の進路は?

ゆたぼんは高校受験が不合格になってしまったため、今後は高校には通わないようです。

受験に失敗をしてしまった時に「ショックだった」と発言しています。

この発言については不合格だったことよりも結果を出せなかったことがショックだったと話しています。

また、「結果は結果なんで受け入れるしかない」とコメントもしています。

さらに高卒認定試験を受けようと思っていることなどの今後の方針も明かしました。

もともと高校受験前から高卒認定試験を検討していたというゆたぼんは、今後高卒認定試験を目指しながらYouTube活動やボクシングに励んでいくそうです。

通っていた中学の教師からはもう少しレベルを落としての受験を勧められていたそうですが、あえて今回受験した高校をチャレンジしたと話しており後悔していない様子を見せていました。

ゆたぼんの高校不合格!浪人になる可能性を調査!

ゆたぼんは高校には行かずに浪人することなく高卒認定を受けていくことを話しています。

小学校3年生から不登校だったゆたぼんですが、昨年9月から登校を決意し学校に通っていたようです。

そんなゆたぼんでしたが中学校の教師からは当時のゆたぼんの実力では受験は厳しいかもしれないということを告げられていたそうです。

ですがゆたぼんは厳しくても今回受験した高校に挑戦したいという気持ちから受験していたようで、今回の結果に対して後悔はしていないと明言しています。

さらに高校には通わずに、今まで通りYouTubeの活動やボクシングを続けていくことも報告しています。

ボクシングやYouTube活動に加え、高卒認定試験を受ける予定であることを発表し文武両道で頑張っていく旨を動画で伝えています。

人生で何度とない高校受験で残念な結果であったものの、新しく気持ちを切り替えて行動できるゆたぼんはすごいですね。

まとめ

今回はゆたぼんの高校不合格!どこ受験した?進路は?浪人になる可能性を調査!についてご紹介しました。

ゆたぼんは高校受験で不合格という結果になってしまいました。

沖縄に在住しており沖縄の公立高校に受験したことは分かりましたが詳しい学校名などは公表されておらず分かりませんでした。

進路については高校浪人などはしない予定のようですね。

今後はYouTube活動やボクシングを続けながら、高卒認定試験を受けるという目標を持っているゆたぼんなので目標に向かって頑張るゆたぼんを応援していきたいですね。

あわせて読みたい
ゆたぼん高校受験どこ受かった?ボクシング部がある高校とは?いつ発表? 小学生の頃から不登校は不幸じゃないなどというメッセージを発信し度々ネットニュースになり炎上してきたゆたぼんさん。 そんなゆたぼんさんが現在中学3年生で2024年3月...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次